エイプ@ログ

ホンダのバイク『エイプ』専門のカスタム・チューニング・メンテナンスブログ

フロントフォーク・スラストベアリングの効果【乗り心地激変・費用対効果抜群】

フロントフォークにスラストベアリングを仕込みました。安価な中国製ベアリングにもかかわらず、思わず笑ってしまうほど乗り心地に変化があります。

純正採用されるバイクもあるという、フロントフォークへのスラストベアリング組み込みの効果とメカニズムについて解説します。

 

スラストベアリングとは

honda_ape_thrust-bearing
スラストベアリングはスラスト方向(軸に対して平行回転方向)の動きに対して働くベアリングです。螺旋状に巻かれたサスペンション(バネ)は、伸縮すると回転します。

そのためバネの両端が抑えられていると伸縮は規制され、実質的にバネレートが上がったのと同様の結果になります。

 

スラストベアリングを直巻バネの片側に組み込むと、そのスムーズな動きでバネの回転を促すことができるため、サスペンションの座り部の規制を開放できます。

その結果サスペンションの動き出しがスムーズになり、上下動の突っ張り感などの乗り心地の悪さが劇的に改善されます。

 

リアサスペンションにも使えるけれど

ベアリングの効果を発揮させ続けるには抵抗なく動き続けられるように状態を維持する必要があります。

そのため、グリス切れやゴミの噛み込みによってベアリングとして機能しなくなれば当然乗り心地は悪化します。

 

外部に露出したリアサスペンションのスプリングシートへの使用は高い効果を発揮するものの、サーキット走行などの限定された条件でなければすぐに性能が低下してしまいます。

 

その点、バイクのフォークはゴミが侵入しない密閉された構造であるうえ、潤滑に必要なオイルも充填されているためスラストベアリングの使用に最適な箇所。

フロントフォークならベアリングの効果を半永久的に持続させることができます。

 

エイプに最適なベアリングは?

エイプの純正インナーフォーク内径は24mmであるため、15/16"インチ規格のベアリングが外径23.8mmでベストマッチします。アイネットのフロントフォークも同様です。

 

より精度の高い国産を選びたいところではあるものの、安価な中国製でも十分に機能します。また、コロタイプのベアリングとボールタイプのベアリングでも耐荷重や微細な動きに違いが出ると予想されます。

 

中国製スラストベアリング

honda_ape_thrust-bearing
今回使ったベアリングは、Amazonで購入した2個入748円(20214月現在)のスラストベアリングです。

 

Amazonでは、ベアリングだけでもかなりの数が販売されていますが、入数やワッシャが付属しているかどうかをしっかりと確認して購入しましょう。

もちろんサイズ違いなどの誤配送や、発送に時間がかかるなどの事態も十分に起こりえます。

 

ベアリングだけを購入すると、サイズにあったワッシャを探すのは難しい場合があるためセット品がおすすめです。

届いたベアリングは幸いサイズ通り。ちゃんと1パック2個入りでワッシャーも付属していました。

 

ただし、乱雑な梱包状態は中華クオリティ。ベアリングの精度も隙間が一定ではなく、もれなく中華クオリティです。とはいえ、手で回した限りではちゃんと機能してくれそうです。

honda_ape_thrust_bearing
honda_ape_thrust_bearing
honda_ape_thrust_bearing
品質はともかく、中国製でも寸法や動きに致命的な問題はありませんでした。

 

スラストベアリングの取り付け前に

中国製のワッシャは精度は十分であるものの、取り付け前にフロントフォーク内壁と接するワッシャ外周を1500番のヤスリでさらに磨き上げました。

 

また、初期かじり防止のため、極圧特性に優れたモリブデングリスを微量塗布してなじませてから取り付けします。

 

フロントフォークへスラストベアリング取り付け

honda_ape_front-fork_thrust-bearing
honda_ape_front-fork_thrust-bearing

ベアリングの取り付け方法はトップボルトとフォークカラーを外し、ワッシャー→ベアリング→ワッシャーの順でフロントフォークの中に入れるだけです。インナースプリングの直接上に乗せ、その上からフォークカラーを入れましょう。

 

バネとカラーを介してトップボルトの間で挟み込むと、バネの回転が偏心してベアリングの回転中心がズレるため上手く機能しない恐れがあります。

 

ベアリングを入れると、フロントフォークにベアリングの厚みぶんのプリロードがかかるため車高がわずかに上がったり、初期の縮み具合が硬くなったように感じられます。

乗り心地を優先させるならフォークカラーの長さを調整しましょう。

 

インプレッション

ハンドルを持ってフォークを縮めた感触はそれほど変化がありません。むしろプリロードがかかったぶん固くなったように感じられます。

 

乗り出してみてもそれほど変わらず。突き上げ感が減少して乗り心地が向上してはいるものの、平坦な路面ではそれほど大きな変化には感じられません。

しかし、段差を乗り越えた際の突き上げ感は劇的に改善されています。

 

いつも腰を浮かせつつ、身を固めて通る踏切が平坦路のように乗り越えられます。それは思わず笑ってしまうくらいの変化。

微際な動きよりも、大きくフォークが動くシーンほど違いが体感できるようです。

 

また、フロントタイヤが太くなったように安定性が増したのが感じられますが、これはプリロードが大きくなったせいかもしれません。相対的にリアサスペンションの突き上げ感が気になります。

 

スラストベアリングのまとめ

honda_ape_front-fork_thrust-bearing
フロントフォークへのスラストベアリングは、車体の動きを劇的に改善させます。とくにサスペンション容量が少なく、大きな段差の衝撃を吸収しきれない小型バイクほど恩恵が大きいと思われます。

 

また、突き出し量を調整してフロント荷重を増やすと、さらに印象が変わるかもしれません。

 

平坦路での乗り心地は、小さなコロタイプのベアリングよりも、ボールタイプのベアリングのほうが動きが良さそうです。

ただし、ボールベアリングは厚さが10m弱ほどになるため、フォークカラーの交換や加工が必要です。

 ↓今回使ったコロタイプのベアリング

↓比較検討したボールタイプのベアリング

価格は2個入りで600〜800円ほど。この価格でこれだけの効果が出れば費用対効果は十分です。どちらもAmazonからの発送であるため納期もそれほどかかりません。

 

フロントフォークへのベアリング組み込みを思案している方の参考になれば幸いです。

 

↓フロントフォークのオーバーホールと同時に行えば、変化の把握はできませんが効率的に作業を進められます。 

↓プリロード調整をすることで、さらにスラストベアリングの効果が発揮されます。

このブログの記事一覧へ移動